福岡でのセミナー情報をお伝えするポータルサイトです。

menu

福岡のセミナーポータルサイト

【3日集中】アートマネジメント講座

◇【3日集中】アートマネジメント講座in 福岡
アーティストの多くはどうしてお金がないのか
創作活動を継続させるにはどうすればいいのか
アートと社会をつなげるために私は何ができるのか!
芸術・表現・創作の場で語ることを敬遠されがちな「お金」。
しかし「お金」がなくては継続的な創作活動はできません。
本講座は「お金のため」だけではない創作活動を継続的に行う基盤づくりや、お金づくりのことを考える「芸術活動に経営の知識とセンスを!」をテーマにしたアートのためのビジネス講座です。
アートマネジメントには芸術を見る目と、マーケティングやプロモーション、資金調達等
多くのビジネススキルが必要とされます。
この講座は実際に企画を練り、事業計画書や助成金交付要望書など書類を作成しながら実務に必要な基礎的な知識を3日間で集中的に取得します。
芸術を現実社会の中で事業として成立させていくことは冒険であり挑戦です!
充実の少人数集中クラスです。お早めにお申し込みください。
───────────────────────────────────
◇講座概要
日 時:9/21(日)、10/4(土)、10/5(日)(全3日間)
定 員:限定15名(最小開講人数:9名)
 ※申込が最少開講人数に満たない場合は開催いたしません。
受講料:53,000円
    (全12コマ50,000円+テキスト・資料代3,000円 )
対 象:アートに関心がある、アートに関わりたい方
   (制作経験不問)
   しっかりとした活動基盤を築きたいアーティスト など
講 師:小林進、渕上靖史(戦略コンサルタント)
会 場:福岡県農民会館(福岡市中央区今泉1丁目13-19)
アクセス:西鉄電車大牟田線・天神駅・南出口・徒歩5分
    :西鉄バス警固神社停留所・徒歩5分
申込方法:FAXまたはお申込フォームよりお申込ください。
 フォーム http://www.arts-front-japan.com/form/form.html
 FAX(PDF)http://www.arts-front-japan.com/seminar/am_fukuoka.pdf
[主催] ARTS FRONT JAPAN
[協力] 有限会社雄山社、行政書士とみやま事務所
───────────────────────────────────
◇講座の特色
●一流の講師
講師は理論だけでなく実務にも精通したアートマネジメントの第一人者と、数々の企業の問題解決に携わってきた経験豊富な戦略コンサルタント。
●少人数の集中クラス
2人の講師の2つの視点で、継続的に活動できるマネジメント方法を少人数制の集中クラスで伝授します。
●課題があります
講座開講前から課題が出ます。実務経験のない方でも、課題に取り組み、【講義+演習+実技】と3日間の講座受講でアートマネジメントに必要な理論と実務の基礎知識を身につけることができます。
※わずか3日間でこの講座内容を体得するにはかなりの集中力が必要です。
───────────────────────────────────
◇カリキュラム
*–開講決定時点で課題に取組むためのワークシートを送付します—*
9/21(日) [企画を作成しながら理論と実務を学ぶ]
 ※9:30よりオリエンテーション(9:00受付開始)
◆アートマネジメント概論 10:00~11:30 (90分講義)
 |芸術と芸術団体の経営、アートマネージャーの仕事
◆未来を描くマネジメントの手法 11:40~12:40 (60分講義)
 |目的達成のための目標づくり、事業計画の作り方
◆アートマネジメント実技 13:40~15:10 (90分実技)
 |企画のプレゼン、チェック&アドバイス
◆アートマネジメント実務 15:20~16:20 (60分演習)
 |書類作成の技術と知識、課題について
☆講座終了後に希望者で懇親会を予定しています。(参加費実費)
*–この間(9/21~10/4)に課題が出ます———–*
10/4(土) [企画を深めるための基礎知識を得る]
◆ブランドマーケティングの考え方 10:00~11:30 (90分講義)
 |強いブランドの作り方、創客の方法
◆資金調達1(公的資金) 11:40~12:40 (60分講義)
 |補助金・助成金を得るためのテクニック
◆資金調達2(企業へのアプローチ) 13:40~14:40 (60分講義)
 |民間企業からの資金調達、地元企業の文化に対する意識の現状
◆事業計画・設営・運営実務 14:50~16:20 (90分演習)
 |事業企画から実施にいたる作業工程表、事業実施に伴う実務、
 |各種マニュアルの作成方法
10/5(日) [企画を実現可能なものに近づける]
◆アートマネジメント実技 10:00~11:30 (90分実技)
 |課題のプレゼン、各種書類のチェック&アドバイス
◆計画管理とプロジェクトマネジメント 11:40~12:40 (60分講義)
 |プロジェクトを成功させるためのテクニック
◆報告書の作成方法 13:40~14:40 (60分演習)
 |継続活動のための評価方法
◆制作と助成金申請の現実 14:50~16:20 (90分演習)
───────────────────────────────────
◇講師プロフィール
◆小林進
日本に「アートマネジメント」という概念をいち早く導入し、理論と実践の両面からアートマネジメントに関わってきた第一人者。『アーティスト・イン・レジデンス』事業のディレクターを担当するとともに、大学、大学院での研究と教育にも携わってきた。1980年代は『美術手帖』などを通じて演劇、パフォーマンス・アート、ダンスについての評論活動を展開。主著に『文化を支える 』(朝日出版社、1994)、『コミュニティ・アートマネジメント』(中央法規出版、1998)、『芸術と経営-アートマネジメント理論・実務・リサーチ』(雄山社、2004)。
さらに翻訳としては演戯訓練の書、『シアタームーブメント-俳優と空間』(劇書房、1983)がある。その他、女性の新しい生き方を取材した『好きを仕事に!』(共著、雄山社、2006) 、小説『バレリーナ谷桃子物語』(雄山社、2008)がある。現在フリー。
◆渕上靖史 http//www.fuchigami.biz
1965年生まれ。金融機関、コンサルティング会社を経て、2003年5月 戦略コンサルタントとして独立。戦略コンサルティングとういう馴染みの薄い仕事ですが、本セミナーを通じて、皆様の本質的な問題解決のお役に立てればと思います。
独自の戦略を開発し、実践することで成長する。ここに個人と企業のボーダーは存在しないと考えます。
───────────────────────────────────
☆お申し込み・お問い合わせはWEBサイトからお気軽に
http://www.arts-front-japan.com/

関連記事

カレンダー

2020年8月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31